<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    モンゴル帝国
    0
      本日の動画は 唄と演奏 です。


      【11月24日 NGOゆいまーるハミングバーズ主催「太陽のコンサート2010」】(みどりお母さん提供)


      「モンゴル帝国の強さを描いた唄と演奏」とのことです。

      壮大なモンゴル帝国を築いた英雄の末裔なんですよね、みんな。
      誇り高い彼らを見ていると、
      いにしえの草原を駆け抜けた英雄達を想像してしまいます。

      ・馬頭琴(モリンホール)、唄:バター、プジェー先生
      ・三線(シャンズ)、唄:ノーツァ
      ・琴(ヤトゥガ):ガンディー
      ・ドラム:トゥルー

      ***************************************
      子供たちの写真、動画、エピソードなど、
      皆さんと共有してくださる方は
      までお知らせください。(ブログ管理者より)
      ***************************************


      モンゴル曲芸
      0
        何回見ても感動します。


        【11月24日 NGOゆいまーるハミングバーズ主催「太陽のコンサート2010」】(みどりお母さん提供)


        今回は、バドマー(黒衣装)とガンディー(白衣装)です。

        プログラムには、
        ”人生の「黒い部分」と「白い部分」を表現した曲芸です” 
        と書かれていました。

        二人の表現する人生。

        濃い影を知っているからこそ、
        まぶしい光も知っている子供たち。

        これからどんな「光と影」を見ていくのでしょうか。
        どちらもみんなにとっての宝物でありますように・・・。

        ***************************************
        子供たちの写真、動画、エピソードなど、
        皆さんと共有してくださる方は
        までお知らせください。(ブログ管理者より)
        ***************************************


        お母さん
        0
          今回は、
          モンゴーノ、トヤー、チムゲー
          女の子3人です。


          【11月24日 NGOゆいまーるハミングバーズ主催「太陽のコンサート2010」】(みどりお母さん提供)


          この演目はプログラムには載っていなかったので、
          急遽、変更されたものだったでしょうか。

          どんな状況でも、いつでも、堂々と対応している子供たち。
          カッコいいです。


          コンサートで歌詞の日本語訳が朗読されましたので掲載します。

          いつもは東の山にかかる虹が
          今日は西に見えています。

          夢にお母さんが出て来て私の隣にいてくれたから、
          とっても嬉しいです。

          私のお母さん、
          永遠の優しさと心の光輝く私のお母さん、
          私のお母さん、
          ずっと一緒にいたいです。

          世界を照らす太陽のような私のお母さん。

          ***************************************
          子供たちの写真、動画、エピソードなど、
          皆さんと共有してくださる方は
          までお知らせください。(ブログ管理者より)
          ***************************************

          シャーマンの踊り
          0
            本日も11/24の公演の様子をお届けします。


            【11月24日 NGOゆいまーるハミングバーズ主催「太陽のコンサート2010」】
            (みどりお母さん提供)

            モンゴル北方の高山で生活する小民族、トナカイの飼者たちの生活の様子を描いた踊りです。

            女の子たちは、トヤー、ガンディー、バドマー、チムゲー
            男の子たちは、バヤラー、トルゥー、バター、ダンズン

            ステージ衣装がかわいらしくて、
            子供たちにとっても似合っていました。

            コンサートのプログラムに彼らの夢が載っていたので
            転記させていただきます。


            ーNGOゆいまーるハミングバーズ主催
             「太陽のコンサート2010」プログラムよりー

             トヤーの夢
            夢は国際交流者になることです。
            悩んだ時にお世話になった日本の皆様へ恩を返すために、
            私は毎日がんばります。

             バヤラーの夢
            夢は専門的な舞踊家になって、
            施設の弟と妹たちに踊りを教えることです。
            小さい時から今までいつもお世話になってきた
            日本の皆様と私の学費を出してくれる
            ゆいまーるの支援者に感謝申し上げます。

             ガンディーの夢
            私の夢はカウンセラーになることです。
            子供たちにとって両親は太陽です。
            私たちの心に暖かい太陽の光をくれるのは、
            日本の皆様です。

             トルゥーの夢
            私の夢は有名な俳優になることです。
            皆様の大変な努力の結果、
            今の私たちがあるのだと思います。
            我々の夢をかなえることをお手伝いしてくださる
            皆様に感謝いたします。

             バドマーの夢
            私の夢はカウンセラーになって、
            悩んでいる人々を助けることです。
            皆様からのたくさんの優しさは我々の心を
            いっぱいにしてくれます。
            日本の皆様のお陰で通学や食事ができて
            嬉しく思いです。

             バターの夢
            一番の夢は、有名な馬頭琴の演奏者になって、
            施設の子供たちの音楽教育をすることです。
            日本のお母さん、お父さんの愛をいただけることが
            何よりも嬉しいです。
            お世話になってきたこの恩を、
            一生、絶対に忘れません。

             チムゲーの夢
            私の夢は舞踏家になることです。
            皆様の支援と優しい心のお陰で
            私たちはここまで成長することができました。
            いつもありがとうございます。

             ダンズンの夢
            私の夢は医者になることです。
            普通の家庭の子供たちのように生活することを
            手伝ってくれた日本の皆様に感謝いたします。
            私に家族の愛を感じさせてくださって、
            ありがとうございます。


            誇り高いみんなが
            自分自身の人生を、
            自分の足で歩いていく姿が見えるようです。


            ***************************************
            子供たちの写真、動画、エピソードなど、
            皆さんと共有してくださる方は
            までお知らせください。(ブログ管理者より)
            ***************************************


            ホーミー
            0
              ホーミー Хөөмий (Khöömii)、
              子どもたちに関わっている皆さまにはお馴染みでしょうか。

              一人で、同時に二つの声を出す独特な歌唱法です。
              どうやったら、そんなことができるのか。。


              【11月24日 NGOゆいまーるハミングバーズ主催「太陽のコンサート2010」】
              (みどりお母さんより提供していただきました)

              ノーツァのホーミーです。

              大学3年生のノーツァは、ホーミーを専攻しています。
              夢はモンゴルのホーミーを世界で有名にすることだそうです。

              普段は、いつもニコニコ、明るく笑顔を振りまき、
              優しく楽しい彼です。
              ステージではステキなモンゴル人男性ですね。

              そんな彼も、
              最初に日本に来た頃は、悲しい生い立ちから、
              大人を信じられず、心を閉ざしていました。

              それが、施設の先生たち、仲間達、
              そして日本の里親のお母さんとご家族のみなさんの愛情で
              今日の彼があります。


              ***************************************
              子供たちの写真、動画、エピソードなど、
              皆さんと共有してくださる方は
              までお知らせください。(ブログ管理者より)
              ***************************************

              公演は大盛況でした!
              0
                2010年11月の公演日程が全て終了し、
                こども達は全員元気に、
                本日早朝、モンゴルに帰国しました。

                笑顔、涙、またね、元気でね、ハグ、ハグ、ハグ・・・

                いつも別れは寂しいですが、
                子供たちの後ろ姿は少年・少女から
                すっかりモンゴルの青年に成長し、
                頼もしくもありました。

                本当に、みんなカッコいいです。

                東京でのトゥルー、ダンズン、スヘーの
                ホームステイ先のみどりお母さんから、
                コンサートの時の動画を提供していただきましたので
                皆さんに紹介します。


                【11月24日 NGOゆいまーるハミングバーズ主催「太陽のコンサート2010」】
                ビエルゲーとは、
                馬頭琴を伴奏とするモンゴルの伝統的な踊りです。
                昔、モンゴル人の男性はお祭りの際は
                自分の馬乳酒を入れた茶碗を持ち
                ビエルゲーを楽しんだそうです。
                (コンサートプログラムより)


                馬頭琴・バター/踊り・バヤラーの演目です。
                大学2年生のバヤラー、大学1年生のバター。
                二人とも大学を主席合格した実力です。

                バターの美しい馬頭琴の音と、バヤラーの美しい踊り・・・

                見応えがありました。

                でも、踊り手のバヤラーは
                オデキが悪化していて、
                歩くこともままならないくらい痛かったのだそうです。

                そんな素振りは見せないステージ。

                将来は専門的な舞踊家を目指しているバヤラー。
                彼のプロ意識には頭が下がります。


                ***************************************
                子供たちの写真、動画、エピソードなど、
                皆さんと共有してくださる方は
                までお知らせください。(ブログ管理者より)
                ***************************************

                2010年公演、間もなくです!
                0
                   今年もいよいよ子供たちがモンゴルからやってきます 


                  【来日中の公演予定】


                  北九州、大阪のチケットもまだまだ入手できますよ!

                  みなさま、お友達を誘って、ご家族で、
                  子供たちに会いに行きませんか?



                  沖縄ねっとわーく心ハミングバーズ 代表 下地則子さんからのメッセージです。
                  皆様。
                  いつも、ありがとうございます。

                  私共が支援しております、モンゴルの児童保護施設「太陽の子供たち」を迎えてのコンサートが、今月、北九州、大阪、東京の三ヶ所で開催されます。


                  コンサートの内容は、モンゴルの伝統芸能(踊り、歌、楽器演奏、アクロバット等)です。

                  子供達の技術の水準はかなり高く、必ずや、ご満足頂けると思います。


                  かつては、マンホールチルドレンと呼ばれた子供達ですが、周りの大人達の愛情に守られ、育まれ、並大抵ではない努力で、見事に才能を開花させました。

                  死と隣り合わせで生きて来た子供達ですが、こよなく優しく愛と感謝に満ち溢れています。

                  いつも見せてくれる素晴らしい笑顔で、私達はどれほど癒された事か…。
                  彼らの生き方から、学ぶ事ばかりです。


                  一人でも多くの皆様に、コンサートをぜひご覧頂きたいのです。

                  ぜひ、皆様のお力をお借りし、一人でも多くの方に足を運んでいただきたいと思います。宜しくお願い致します。


                  ■大阪コンサート
                  11月19日(金)
                  18時開場
                  18時半開演
                  大阪市中央公会堂

                  ●問い合わせ先
                  乗本奈穂美
                  090-6321-1263
                  miroku-tao@ezweb.ne.jp



                  ■北九州コンサート
                  11月13日(土)
                  18時開場
                  18時半開演
                  ウェルとばた大ホール

                  ●問い合わせ先
                  林さちえ
                  090-4587-0102


                  ■料金はいずれも
                  大人2500円
                  ペア4000円
                  小人1000円


                  どうぞ宜しくお願い致します。

                  一緒に見に行きましょう 
                  12月の子供たちの様子です
                  0
                    テムルン先生から12月の子供たちの様子が届きました。
                    試験にクリスマスと元気な様子が伺えます。

                    日付通りに掲載しますので、過去に遡って↓読んでくださいね〜 
                    みんな帰って来ました
                    0
                      今日は大学生のお兄さんとお姉さんたちが帰って来て、
                      サラダを作るのを手伝ってくれました。
                      特にバヤラーが一生懸命手伝ってくれました。


                      エンフチメグは学校からプレゼントをもらってきました。


                      ゲーコ、アリウカ、アンガーの3人の風邪がまだ治らなく、熱があります。
                      施設の先生は熱が下がるよう薬を飲ませています。


                      ウヤンガーは子供たちに英語を教えています。


                      お姉さんのスブダーは大学の試験を終えて、そのまま帰って来ました。
                      風邪が流行っています
                      0
                        トヤーは英語のコンテストに参加しました。
                        コンテストの結果を待っています。


                        今日はほとんどの子供たちが風邪をひいてしまいました。
                        こちらには風邪が大変流行っています。
                        ゲーコ、トウギー、アリウカ、アンガー、バターはお医者さんに診察してもらい、薬を飲んでいます。


                        今日の台所当番は風邪をひいてしまったので、トヤー、ドヤー、バットスフが当番を手伝ってくれました。


                        新年のパーティーまで残り1日となったので、子供たちは先生たち内緒で歌とダンスの練習をがんばっています。