<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    もうすぐクリスマスと新年ですね
    0
      こんにちは。日本のみなさん、お元気ですか。
      しばらく、ダルハンの様子を報告できなかったこと、
      申し訳ありませんでした。

      12月になり、ダルハンはとても寒く なりました。
      みんな風邪をひかないように気をつけています。

      ダルハンはもう真っ白です。
      そして、空気はウランバートルと同じくらいに
      煙が充満(大気汚染)しています。

      もうすぐクリスマス と新年 ですね。
      モンゴル人はクリスマスより新年のことを楽しみにしています。
      子供たちも施設で新年を迎える日をとても楽しみ に待っています。

      12月27日は先生たちみんなで、
      施設の子供たちのために「新年パーティー」をします。
      毎年、先生たちは子供たちへのサプライズを用意しています。
      後で新年パーティーの様子を写真で送ります。


      2011年の年末も、「太陽の子どもたち」では好成績が目白押しです。

      ドヤー は2011年のダルハンの優秀生徒になりました。
      いつも科学の成績でダルハンのトップになっているので、
      2011年のモンゴルの優秀生徒に選ばれる可能性も出て来ました。
      今月末、ドヤーをウランバートルに報告する予定です。

      「太陽の子どもたち」にはスポーツの代表選手が二人います。
      エンフジンとムンフジンの双子です。
      二人は今週、ウランバートルで行われる国の体操選手権に出場するため出発しました。
      日本の皆さんも一緒に、太陽の子どもたち代表の二人を応援しましょう。


      大学生の子供たちからも嬉しい報告が届いています。

      ゲーコは大学の英語コンテストで優勝しました。
      「太陽の子どもたち」は外国語が得意な子供たちが多いです。
      英語、日本語、ロシア語ができる子供たちがいます。

      芸術大学からの報告です。
      バヤラーとボロロは芸術大学で行われている3種類のダンス試合で、
      最初の段階に合格しました。
      二人のダンスは素晴らしいので、必ず優勝してくれるとみんな期待しています。


      11月に、モンゴルの三番目に大きな都市であるエレデネット市の児童保護施設から、先生たちと子供たちが「太陽の子どもたち」を見学に来ました。


      今月の16日・17日には、ダルハンの日本大使館 が主催する「日本文化日」があります。
      そのイベントに「太陽の子どもたち」が参加することになりました。
      子供たちは40分のミニ・コンサートをします。
      コンサートでは日本の踊りや歌を歌う 予定です。
      子供たちみんなで...
      0
        こんにちは。テムルンです。

        6月になってもずっと雨と雪が降っていましたが、
        ダルハンはやっと暖かくなってきました。


        太陽の子供たちのみんなは、
        施設の環境を整え、綺麗にするためにたくさんの仕事をしています。

        先生達、子供たちは、
        一緒に力を合わせてビニールハウスにきゅうりを植えました。


        今年卒業するトルー、アリウカ、ゲーコの3人は
        毎日ハードに勉強しています。
        3人はきっと良い成績をおさめるでしょう。


        学生達は夏休みがもう始まりました。
        ほとんどの学生達は、夏アルバイトをする予定です。


        ボロロー は大学の先生達と一緒に、
        中国 の「フフホト」という町へコンサートをするため出発しました。

        バターも6月は大学の先生達と一緒に
        コンサートに参加するためロシア へ行きます。


        6月1日、子供の日は美味しそう にテーブルを飾って、
        楽しく 過ごしました。

        夕方には子供たちみんなで、
        「我がモンゴル」というダルハンの遊園地で散歩しました。

        子供たちのために、日本から、
        たかこさんが子供の日のプレゼント を贈ってくれました。
        子供たちみんなはとても喜びました。


        夕方、仕事が終わると、
        男の子たちは男の先生たちと一緒にサッカー をします。

        お陰で太っているエンヘー先生とテムルン先生は少し痩せました。

        トゥギーは一番上手 になって、
        まるでリオネル・メッシ (世界的に有名なサッカー選手)のようにサッカーをしています。


        【 写真をクリックすると拡大表示します 】

        太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち 太陽の子どもたち

        【 写真をクリックすると拡大表示します 】

        うれしいニュース
        0
          テムルンです。
          お元気ですか。日本はいかがですか。

          テレビニュースを見ると、今、日本は原発と地震の危険が続いてますね。
          里親の皆さんは大丈夫ですか?


          こちらのみんなとても元気です。

          今日は最初の春の雨が降りました。
          これから木の葉、草が よく育つと思います。


          うれしいニュースを報告します。

          今月、ドヤーはダルハン県の科学コンテストで優勝しました
          また、全国科学コンテストでは2位になって、銀メダルを持ってきました。

          新しく入った双子のエンフジンとムンフジンは、
          ダルハン県の律動体操試合に参加し、優勝しました 
          (二人は毎日、ダルハンスポーツセンターの体操塾に通っています。)
          また、今月はウランバートルで行われた全国試合に参加し、4位になりました。
          みんなで旧正月を過ごしました
          0
            みなさん、こんにちは 
            テムルンです。


            しばらく報告ができなくて、申し訳ありませんでした。
            モンゴルの様子をお伝えします。


            2月はモンゴルの伝統的なお祭りである「旧正月」でした。
            施設の子供たち、先生たち、学生たちもみんな帰って来て、
            全員が揃いましたました 


            2月2日は大晦日です。

            子供たちはお正月を楽しみにしながら、
            施設の掃除やたくさんの仕事をよくしていました

            また、お正月のごちそうをたくさん用意しました。

            お正月の特別なお菓子(モンゴル語で「ウル・ボーブ」)、
            肉まん(ボーズ)、ポテトサラダなどで
            テブールを飾りました。

            特に、小さいの男の子たちは
            お正月をとても、とても楽しみにしています。


            モンゴルの習慣で、
            お正月は早朝、日の出前に起きます。
            みんなで早起きをしました 


            旧正月は国民の休日です。
            今年は5連休でしたので、
            子供たちはゆっくり遊んで、楽しく時間を過ごしました

            学生たちもみんな帰ってきました。
            男の子たちは先生たちと一緒に
            「スノーサッカー(雪上サッカー)」をやりました。 


            --------

            モンゴルミニ情報

            大晦日の午後、
            その家の主人はお正月のお供えのお菓子などをテーブルの上に整えます。

            大晦日のテーブルには伝統的なご馳走が欠かせません。

            大きなお盆に小麦粉で作った楕円形の(だえんけい)のお菓子、
            日本語に直訳すると「足の裏」という名前のウル・ボーブを供えます。

            積み方は色々あり、
            その家系で一番年長にあたるおじいさんの家では7段、
            父親の家では5段、
            結婚して家庭を持った息子は3段に
            それぞれ積み重ねて供えます。

            必ず、奇数段になるのは
            モンゴル人の数字に対する考え方の中で、
            偶数(ぐうすう)が苦しみや困難、
            奇数が幸せを象徴しているので、
            仕事や生活が幸せで終わることを願って
            奇数で終わるように積み重ねるのです。

            「こちら」より情報を参照させていただきました。-管理人より-)


            あけましておめでとうございます
            0
              テムルンです。
              あけましておめでとうございます 
              お久しぶりです。


              2010年は大変お世話になりました。
              2011年も子どもたちの里親さんのために、
              一緒に力を合わせて良い報告ができるように頑張ります。
              宜しくお願い致します。


              12月26日は「太陽の子どもたち」のみんなで新年パーテイーをし、
              ”太陽の子どもたち 2010年ベスト賞” を選びました。

               ナンバーワンのベスト賞はバドマーでした。
               先生たちをいつも手伝ってくれるベスト賞はイジレーです。
               労働のベスト賞はアンハーです。
               子どもたちの中で一番に勉強を頑張った子はリトルオヒノでした。

              ベスト賞を受賞した子どもたちへのプレゼント は
              自分の好きなものを買えるお金です。



              また、新年パーテイーで子どもたちは、
              自分たちでミニコンサートを開いて
              先生と他の子どもたちを喜ばせてくれました 

              先生たちも大きいの女の子たちと一緒に、
              心を込めて沢山の美味しいお料理を作りました 

              また、ダルハンにいる大学生のお姉さんたちも、
              ウランバートルにいるバターも帰ってきました。

              子どもたちはみんな嬉しくて、美味しくて、
              楽しい一日を過ごしました。

              翌日は、お姉ちゃんのデーギーが
              エレデネット市から、新年を妹と弟たちと一緒に迎えるために帰ってきました。


              モンゴルでは他の国とは異なる、ある習慣があります。
              家に来たお客様はクリスマスツリーにお金を置いていきます。
              施設のツリーに置かれたお金は、
              一番小さいのアフアマガランとアリブジフにプレゼントされました。


              (写真をクリックすると拡大表示します)

              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー
              新年パーティー

              (写真をクリックすると拡大表示します)
              12月の子供たちの様子です
              0
                テムルン先生から12月の子供たちの様子が届きました。
                試験にクリスマスと元気な様子が伺えます。

                日付通りに掲載しますので、過去に遡って↓読んでくださいね〜 
                みんな帰って来ました
                0
                  今日は大学生のお兄さんとお姉さんたちが帰って来て、
                  サラダを作るのを手伝ってくれました。
                  特にバヤラーが一生懸命手伝ってくれました。


                  エンフチメグは学校からプレゼントをもらってきました。


                  ゲーコ、アリウカ、アンガーの3人の風邪がまだ治らなく、熱があります。
                  施設の先生は熱が下がるよう薬を飲ませています。


                  ウヤンガーは子供たちに英語を教えています。


                  お姉さんのスブダーは大学の試験を終えて、そのまま帰って来ました。
                  風邪が流行っています
                  0
                    トヤーは英語のコンテストに参加しました。
                    コンテストの結果を待っています。


                    今日はほとんどの子供たちが風邪をひいてしまいました。
                    こちらには風邪が大変流行っています。
                    ゲーコ、トウギー、アリウカ、アンガー、バターはお医者さんに診察してもらい、薬を飲んでいます。


                    今日の台所当番は風邪をひいてしまったので、トヤー、ドヤー、バットスフが当番を手伝ってくれました。


                    新年のパーティーまで残り1日となったので、子供たちは先生たち内緒で歌とダンスの練習をがんばっています。
                    施設のリーダーとしての役割り
                    0
                      今日はドヤーにとってとても嬉しい日でした。
                      ドヤーはクラスの「最も勉強をがんばった賞」と「ミス・クラス(いちばんかわいい子)」に選ばれました。


                      ウヤンガは今日の台所当番をよくしてくれました。
                      いつもの料理よりも、とっても美味しい料理を作ってくれました。


                      ゲーコは施設の長男としての義務をよく果たしています。
                      今日は施設の古くなった閂を直しました。


                      ガンバーはチンギスレストランで仕事をしています。
                      レストランでの仕事について、先生と子供たちに話してくれました。
                      ガンバーは野菜サラダと焼き魚の作り方などを学びました。
                      初日は楽しかったそうです。
                      2009年ベスト賞
                      0
                        先生たちは「2009年ベスト賞」を決定するための会議を開きました。
                        子供たち全員も投票しました。

                        4種類のカテゴリーで決定しました。

                        勉強部門でドヤー、
                        スポーツ部門でゲーコ、
                        勤勉な子はデーギー、
                        そして2009年ベスト賞はトヤーになりました。


                        ベスト賞を決定するための綺麗な投票箱を、イジレーとガンディーが作りました。


                        今日も新年のパーティー用のボーズを準備しました。